修理前に確認しておきたい水漏れ

水漏れというのは、すぐに自分でしている場所を判断することができるケースもあります。しかし逆に、水が漏れているような気がするけどはっきりとは分からないというケースもあります。修理を依頼するにしても、明確に水が漏れているかどうかがはっきりとわからなければ修理を依頼することも出来ないと思ってしまう人もいるでしょう。水漏れをしていることがはっきり分かれば修理を依頼する流れにもっていけるので、自分でも水もれしているかどうか確認することができる方法を紹介します。

■水漏れしているかどうかの確認

修理業者に依頼して、水が漏れているかどうか確認してもらうこともできますが、自分でも確認できる方法があるので紹介します。まず最初にするのが、家の水道の蛇口を全部閉めることです。家の水回りの蛇口を全部閉めていれば、基本的に水が漏れていなければ水が出ているということはあり得ません。蛇口を締めたら水道メーターにあるパイロットと呼ばれる部分を確認します。水が出ていなければそのパイロットが回転するということはありません。
少量の水もれであれば、あまり大きな動きはないですが、しっかりと見ていれば動いていることが確認できるでしょう。このパイロットを確認したときに、回転をしていればどこかで水漏れが起きているということになります。

■水回りの蛇口をチェック

水漏れしているかどうか確認する方法として、もう1つ挙げられるのが水回りの蛇口を全部チェックするというものです。水道を止めている状態の蛇口をチェックしたときに、蛇口部分が濡れていたり、蛇口周りに水がこぼれているなどが合った場合は、その箇所で水が漏れている可能性があります。
また、蛇口にはそれぞれ止水栓と呼ばれる蛇口とは別の水を止める栓があります。その栓を1箇所ずつ閉めていきます。パイロットは水漏れを起こしていれば蛇口を閉めている状態でも回りますが、止水栓を閉めれば回らなくなるのでパイロットが回らなくなった箇所があれば、そこで水が漏れているということになります。

■まとめ
修理業者を呼ぶ前に、自分で水漏れの箇所を確認しようとする場合は、前述で紹介した方法を試してみましょう。また、水漏れしている箇所が予めある程度把握できていると、修理を依頼した際にもよりスムーズに水漏れの修理をすすめていくことができます。いつ起こってしまうかなかなか予測できない水漏れにもしっかりと対処できるように、ご紹介した確認方法を覚えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ