放置は危険、すぐ修理したい水漏れ

放置は危険、すぐ修理したい水漏れ 家の水回りは、トラブルの起こりやすい場所でもあります。そんな水回りのトラブルの1つとして代表的なのが水漏れです。水漏れにも、酷いものと軽いものがあります。軽いものだとあまり深刻に考えないという人は、少なくありません。しかしそれは大きな間違いです。ちょっとしたものだから大丈夫と高をくくっていると事態が深刻化してしまうこともあります。被害が酷くなってから後悔する前に、しっかりと修理をしておきましょう。トラブルを放置しているとどのように被害が広がっていくのかをしっかりと理解して、そのような被害に遭わないように気を付ける必要があります。

■住まいの環境が悪化

水漏れを起こしてしまうと、流れ出ている水が家の床下へと流れていってしまうことがあります。その床下に流れていってしまった水が、湿気として家の中へ再び入ってくるケースがあります。そうすると、梅雨でもないのに家の中の湿気が非常に高くなってしまうこともあるでしょう。適度な湿度は必要ですが、水回り問題で引き起こされる湿気というのは、修理を行って原因を断ち切らない限り常に悩まされてしまうことになります。
また、暑い時期などはエアコンなどを使用して部屋の空気の温度を調整していきますが、湿気によってうまくエアコンが効かないという事態を引き起こしてしまうこともあります。そうならないためにも、早めの修理で家の室内環境をしっかりと守っていく必要があります。

■カビが発生する原因にも
カビといえば、湿度が高い状態が続くと家の中にも発生してしまいます。水漏れを放置しておくことによって、湿度が高くなってしまうことがあることは説明しましたが、その湿度の高い状態が続くことによって家の床や壁などさまざまなところでカビが発生してしまう危険性があります。目に見えるところであれば、すぐに気づくこともできますが中にはなかなか気づきにくいところにまでカビが発生してしまうこともあり、そのような場合だと発見も遅くなります。
カビは、放置しておくとアレルギーなど身体の不調を引き起こす原因にもなってしまいます。カビが発生する原因にもなってしまう水回りのトラブルには注意しなければいけません。

■家電製品への影響も

水漏れした箇所の下に、家電製品があるというパターンも存在します。基本的に、家電製品というのは、水に濡れてしまうことで漏電を起こしてしまうことがあります。またその漏電から火災につながるという危険性もあるのでとても危ないです。また、大型家電となると高額の物も家の中に多くあります。水に濡れることで、家電が故障してしまった場合、かかる費用は水漏れを直す修理代だけではなく家電の修理をする費用や買いなおす費用などもプラスされてしまいます。
放置しておくことによって、よりかかってしまう費用が増えてしまうことを考えると、放置するよりも早く修理を行い、他の部分の被害を無くすことを意識した方が賢明でしょう。

■まとめ
ちょっとした水漏れでも、放置しておくと色々な困った被害を引き起こしてしまうことがあるということを理解していただけたのではないでしょうか。ぽたぽた程度のちょっとしたものですと、放っておいてもあまり被害がないように感じてしまうかもしれませんが、前述した内容を知ったことによって危機感を感じる人もいるのではないでしょうか。少しの水漏れを放置したばかりに、さらに家の中の被害を大きくしてしまい、困ったことになることもあります。ちょっとの水漏れだと油断をせずに、水漏れが発生した際にはどこで発生しているのかをしっかりと確認した上で専門の業者などに水道 修理を依頼し、家の中のトラブルを深刻化させてしまうことを防いでいきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース